システムキッチンにリフォームしよう

キッチンをリフォームするときは、家族の中で料理を作る人が使いやすいようにしましょう。昔のキッチンは、高さが低かったり、調理スペースが狭かったりします。そして、古くなっていると、掃除しても汚れが落ちにくくなっています。しかし、最近のシステムキッチンは、広く、掃除がしやすくなっています。調理台や、シンク、コンロなどが一体型になっているため、凹凸がなく、サッと拭くだけで、全体が綺麗になります。シンクも広いため、洗い物をしやすいです。システムキッチンは、種類がたくさんあるため、台所の大きさにあっているものを購入しましょう。実際に業者の人に来てもらい、大きさを測ってぴったり合うものを探してもらいましょう。高さも、調理をする人に合わせたものにすることができます。背が高い女性でも、ちょうどいい高さに調整してもらえるため、腰が痛くなりにくいです。

キッチンをリフォームして快適な暮らしをしましょう

キッチンをリフォームするなら、まずは現在の困っているポイントを書き出します。その後、要望に優先順位を付けます。最近は対面式のキッチンにリフォームするのが人気です。キッチンがダイニングの方を向いているので、子供や介護を必要とする人の様子を見ながら作業が出来るのが大きなメリットです。対面式のキッチンの場合、カウンター付きの腰壁を付けると生活感の出やすい手元が隠せます。不意の来客の場合などに便利です。腰壁を付けないとより開放的なキッチンになります。注意点はキッチンの扉が十分に開き、動線の良い通路幅を確保します。近年はゴミの分別が細かくなっているので、ゴミ箱のスペースにより広い面積を必要とします。ごみ箱が邪魔で通路が狭くならないよう注意します。また冷蔵庫などの電化製品は10年程度で買い換えます。電化製品が大きくなることも考えて余裕を持ったスペースを確保します。

キッチンのリフォーム費用

5年前に中古の一戸建ての住宅を購入したのですが、当時はとても魅力的で妻もキッチンが特に気に入り暮らし始めていたのですが、2年前に子供が生まれて今では家じゅうを動き回るようになり、キッチン周辺は危なくて、ガスを使用して火で調理するために最新の注意を払うようにしていました。また、ダイニングキッチンでしたが、台所からリビングが見えにくく、子供の様子が観察しにくいという点でも問題が生じつい最近キッチンをリフォームしました。オール電化にして構造も変えてキッチンからリビングは常に見えるように壁などを取り払い、ガラスなどで加工しました。業者の方に見積もりを出してもらったのですが全部で30万円ほどで可能でした。最新のシステムキッチンを導入したために少し価格が高くなりましたが、それでも子供の安全を考えるとリフォームして良かったです。